ニュース一覧

私の名前を無断利用する借金相談勧誘サイトを発見しました

 「○○の借金相談」「○○の借金返済」「○○の借金解決」「○○の借金減額」「○○の債務整理」等(○○には地方自治体名が入る)というページタイトルで、「街角相談所-法律-」というサイトに誘導するページが多数あり、そこに、まったく無断で「伊東良徳のサイトですから」等の誤認を招く記載がなされていることに、2018年3月17日(土)の夜、初めて気がつきました。
 この時点では、数ページ、せいぜい数十ページという認識で、「街角相談所-法律-」の運営会社と表示されている会社に削除要請しました。
 2018年3月19日(月)に、少しまじめに調べてみると、そういうページがどうも数千レベルの規模で存在するらしいことがわかってきました。

 いったいどういう考えで、まったく関係ないサイトに、私にまったく断りなしに「伊東良徳のサイトですから」などという表記がなされているのか、私には想像もできません。世の中には、本当に想像も理解もできないことをする人間がいるのだと、改めて思い知りました。
 私は、またこのサイトは、「街角相談所-法律-」とはまったく関係がありません。今回発見するまで、「街角相談所-法律-」なるものの存在もまったく知りませんでした。誤解されませんよう、ご注意ください。

2018年03月20日

「アイフルへの過払い金請求」を更新

「過払い金返還請求の話」「業者別過払い金請求の実情」の「アイフルへの過払い金請求」を更新しました。 アイフル相手の一番最近の訴訟のその後を補足しました。→依頼者からの削除要請があったため、その部分を削除しました(2018年3月7日)。

2018年03月02日

「残業代請求と消滅時効」&「労働審判」を更新

「労働事件の話」の「残業代請求と消滅時効」と「労働審判」を更新しました。

 残業代請求と消滅時効については民法(債権法)改正の施行日が決まったことを反映し、説明の設例時期を新しくし、労働審判は支部での実施の説明を更新しました。

2018年01月13日

「弁護士費用」&「相談料」を更新

「相談・依頼」の「弁護士費用」と「相談料」を更新しました。

 弁護士費用については解雇・雇い止め事件の報酬金の基準変更、相談料については控訴・上告・再審請求の相談料の変更等を行いました。

2018年01月08日

「過払い金請求訴訟の論点」を更新

「過払い金請求の話」の「過払い金請求訴訟の論点」を更新しました。

 取引の一連性/分断問題について、現実の事例を用いて取引が分断される場合と一連計算できる場合で過払い金がどのように違ってくるかをグラフ化し、説明を追加しました。

2017年10月18日

「過払い金請求の歴史と現状」を更新

「過払い金請求の話」の「過払い金請求の歴史と現状」を更新しました。

 2017年7月21日公表の「裁判の迅速化に係る検討に関する報告書(第7回)」を反映して、2015年と2016年の過払い金請求訴訟等の件数を追加しました。

2017年10月17日

「控訴」、「高裁への上告」を更新

 「民事裁判の話」「判決に不服があるとき」の「控訴」と「高裁への上告を更新しました。

 司法統計年報の2016年分がようやく公表されましたので、控訴審の口頭弁論実施回数、控訴審の終了(判決と和解、原判決破棄の割合)、高裁への上告の場合の口頭弁論実施と原判決破棄の割合について、統計部分を更新したものです。

 

2017年10月07日

「民事裁判で何を請求できるか」、「日本の民事裁判は遅い?」、「和解」を更新

「民事裁判の話」「民事裁判のしくみ(民事裁判という制度)」の「民事裁判で何を請求できるか」と「日本の民事裁判は遅い?」、「民事裁判の話」「民事裁判の流れ(民事裁判の1審の手続)」の「和解」を更新しました。
 2017年7月21日発表の「裁判の迅速化に係る検証に関する報告書(第7回)」を反映して統計資料を更新しました。

 

2017年07月24日

「過払い金返還請求の話」の「プロミスへの過払い金請求」「アイフルへの過払い金請求」を更新

 「過払い金返還請求の話」「業者別過払い金請求の実情」の「プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)への過払い金請求」と「アイフルへの過払い金請求」を更新しました。

 2017年春以降のプロミスとアイフルの対応について補足しました。

2017年06月26日

「高裁への上告(民事裁判)」を更新

 「民事裁判の話」「判決に不服があるとき」の「高裁への上告(民事裁判)」を更新しました。

 東京高裁への上告事件の係属部について、追記しました。

2017年03月22日

「訴状が届かないとき」(民事裁判の話・民事裁判の流れ)を更新

 「民事裁判の話」「民事裁判の流れ」「第1回口頭弁論まで」の「訴状が届かないとき」を更新しました。

 被告が訴状記載の住所に住んでいない(例えばすでに転居している)のに、そこに住んでいて訴状を受け取らないものとみなされて「郵便に付する送達」をされてしまい、知らないうちに判決を受けてしまったときの被告の救済について、追記しました。

2017年02月04日

プロフィールの写真を更新

 プロフィールの写真を、本日、第二東京弁護士会で職員に撮影してもらった写真(第二東京弁護士会の機関誌「NIBEN Frontier」掲載用に撮影)に変更しました。

2017年01月26日

「シンプルな上告理由書」を追加(民事裁判の話・判決に不服があるとき)

 「高裁への上告(民事裁判)」のページの説明として、私が東京高裁の上告審で2016年11月17日に逆転勝訴(原判決破棄)をとった事件を題材に、上告理由書の長さ、シンプルな上告理由書が功を奏する場合について検討した「シンプルな上告理由書」というページを新たに設けました。

2016年12月30日

「高裁への上告(民事裁判)」、「最高裁への上告(民事裁判)」を更新

 「高裁への上告(民事裁判)」については、口頭弁論を開かずに上告を棄却する際の説明を補充し、「最高裁への上告(民事裁判)」については、藤田宙靖元最高裁判事の「最高裁回想録 学者判事の七年半」の反映、大野正男元最高裁判事の「弁護士から裁判官へ」の記載を補充するなどして更新しました。

2016年12月27日

「アイ・イン・ザ・スカイ」(映画)を題材に法を考える

 ブログに映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」を題材に法(刑事司法)を考える記事を追加しました。

 「テロ」を題材に刑事裁判を考える記事と似た問題提起ですが、自爆テロを準備する者は裁判抜きで殺してよいかといった問題について論じています。

2016年12月25日

プロフィールの写真を更新

 プロフィールの写真を、2016年12月17日の「多田謡子反権力人権賞受賞発表会」での写真(私は、受賞者ではなく、司会者です (^^;) に変更しました。

2016年12月20日