庶民の弁護士 伊東良徳のサイト

おしらせ◆たぶん週1エッセイ◆
ラノベでわかる解雇事件
 2018年8月19日(日)から、モバイル新館で、小説(ライトノベル)を書く(掲載する)ことにしました。
 このサイトでは裁判や弁護士の仕事について、できるだけわかりやすく説明し、モバイル新館ではその上でより法的な根拠も付けて説明しているつもりですが、説明文ということもあり、とっつきにくく感じている人もいると思います。それで、特に私の得意分野の解雇事件について、別の切り口というか、より読んでもらいやすい形として、ライトノベル(ラノベ)でも書こうと構想を温めていました。
 この間、読書日記を方針変更でほとんど書かなくなり、映画評も止めていることで、時間に余裕ができてきて、夏の時期ということもあって、ようやく準備が整いましたので、掲載を始めます。努力目標としては、毎週日曜日に1章分ずつ書き足せればと考えています。

 小説のコンセプトは、「解雇事件を得意とするベテラン弁護士玉澤達也の事務所に入った新人弁護士狩野麻綾が労働事件に取り組む姿と、謎の事務員や酒乱の親友と絡みながら展開する麻綾の恋の行方を綴るライトノベル」というようなものです。
 もちろん、この作品はフィクションですので、実在する人物・団体・事件とは関係ありません。(例えば、東京地裁は、実在する東京地裁とは別の東京地裁かとか聞かれてもなんともお答えしづらいですが・・・その辺は、まぁ、追及しないでください (-_-;)
 玉澤達也とか狩野麻綾とか、フルネームで登場する人物の名前は、検索で、少なくとも名前一覧みたいなサイト以外ではヒットしない、実在する人物の名前としては出てこないことを確認していますが、もし同姓同名の方がいましたら、ごめんなさいです。

 楽しく読めて、読めば解雇事件の裁判のことがひととおりわかるという作品を目指しています。乞うご期待!

 掲載先
 もばいる 「小説」メインページ
 もばいる その解雇、無効です!(目次ページ)
 もばいる プロローグ 法廷にて (2018.8.19掲載)
 もばいる 第1章 私は麻綾 (2018.8.26掲載)
 もばいる 第2章 妖しい美魔女 (2018.9.2掲載)
 もばいる 第3章 眠れない夜 (2018.9.9掲載)
 もばいる 第4章 暴かれた過去 (2018.9.16掲載)
 もばいる 第5章 忍ぶれど・・・ (2018.9.23掲載)
 もばいる 第6章 映画のシーンのような2人 (2018.9.30掲載)
 もばいる 第7章 金曜日の決闘 (2018.10.7掲載)
 もばいる 第8章 真昼のデート (2018.10.14掲載)
(2018.8.17記)19、26、9.2、9、16、23、30、10.7、14更新

**_**区切り線**_**

 たぶん週1エッセイに戻るたぶん週1エッセイへ

トップページに戻るトップページへ  サイトマップサイトマップへ